Punky Colorで染めてみた!失敗しない使い方を紹介

恋愛・美容

 美容室でブリーチして、カラーを入れてもらってもすぐに色落ちしちゃいませんか?

 今年に入って初めてブリーチをしてピンクヘアに挑戦!

 ですが、ピンク色は1週間もせずに落ちてしまいました…。


 そこで、前々から気になっていたカラートリートメントで色をいれてみることに。

 Punky Colorのフラミンゴピンクを使用して、1度目は失敗、2度目は綺麗に色を入れられたので、使い方をシェアします!

Punky Colorの特徴 良い点・悪い点

染めて2日目。元々のブリーチはバレイヤージュです

 Punky Colorを実際に使用してみて良い点もあれば、気になる点もありました。

 それぞれ上げていきますので参考にしてみてください!

良い点

  • 価格がお手頃
    ➡ iHerbで送料を含めると約1,200円で購入できます
  • 色持ちがいい
    ➡ 最初は濃い紫ピンク、徐々に薄ピンクになっていきます
  • 発色がすごい
    ➡ ブリーチ1回の毛でもしっかり色が入ります

悪い点

  • ベリーっぽい香りがしばらく続く
    ➡ 好みが分かれそうな香り。あまり好きな匂いではないですが、我慢はできる程度でした。
  • トリートメント効果は望めない
    ➡ ブリーチ毛にはこれだけじゃ厳しい!トリートメントと混ぜて使用したいですね。

 以上の通り、良い点と悪い点それぞれありました。

 良い点ばかりの商品なんて滅多にないので当たり前ですけども!

 個人的には、総合的にはかなりコスパの良い商品だと思っています。

Punky Colorの販売元が記載している使い方

 さて、ここから使い方について説明していきますね。

 先に申し上げておきますと、私の使い方は公式に則ったやり方ではありません

 そのため、まずはPunky Colorの公式HPに記載されている使い方をご紹介しておきます。

  1. シャンプーしてから乾かす
  2. ワセリンやベビーオイルを髪の生え際&耳に塗って保護する
  3. ゴム手袋を装着して、染毛用ブラシで生え際から毛先に向かって均等にPunky Colorを塗布
  4. 15分~30分待ってから洗い流す

※ 使用前に事前にアレルギー反応がないかチェックしましょう。


 とまぁ、Punky Colorの公式HPに記載している情報ではシャンプー後に乾かして塗布するっていうのが衝撃的めんどくささですよね。

 本来は、公式的な使い方に則って使用するべきです。


 が、私と同じようにできるだけ手間を減らしたい方はこれから説明する使用方法を自己責任でチャレンジしてみてね。

実際にPunky Colorをムラなく染めた手順

染めたて。紫よりのピンクに染まります。

 まずは染め方の前に、私のヘアデザインはバレイヤージュ(グラデーションとハイライトのようなもの)なので、全染ではありません。

 同じように毛先などのブリーチ部分を綺麗にムラなく染めたい方向けの染め方となっております。

ムラなく染めた手順

  1. 要らない容器にトリートメント、Punky Colorを1:1の割合で混ぜる
    ➤ 量に関しては、染めたい部分の多さによります。私のようにロングでバレイヤージュ部分だけ染めるのであれば、それぞれ、おおよそサクランボ大を3つ分ほど用意して混ぜ合わせました。
    <ポイント> 少し多いかな!?くらいの量を用意するのが大切。量がしっかりあればムラなく染めれます!

  2. 通常通りにシャンプーをして、タオルで水気をふき取る
    ➤ 本来は乾いた髪に使用するものなので、水気はしっかりとふき取ります。
     
  3. 肌につかないように、使い捨てグローブとケープを身に着ける
    ➤ 百均に売っているもので十分!
  4. グローブで染毛剤を手に取り、染めたい部分に馴染ませる
    ➤ 4分割くらいして染毛剤を付けるとムラになりにくいです。染毛用のブラシがあればやりやすいかも!
  5. 10分~30分ほど置いて、しっかりと洗い流す
    ➤ 洗い残しが多いとタオルがめちゃくちゃ染まるので注意!しっかり洗い流しても多少はタオルを染めてしまいますが…。

 以上の工程でPunky Colorをムラなく染めることに成功しました。

 染めてから数日間はシャンプーの色がピンク色になりますが、色落ちはほとんどしていません。

Punky Colorフラミンゴピンクの色落ち過程

 Punky Colorの色落ち変化がどんな感じか写真でご紹介しましょう!

 ただ、この写真は染め方に失敗したときの写真になります。

 そのためムラっけのある染め方になっていますが…、色落ちだけの参考として!

左が染めたて、右が染めて1週間

 左の写真が染めた手で、紫ピンクの色がしっかりと入っていますよね、ムラですけど…!

 右が染めてから1週間半ほど経ったときの色。

 元の毛色が橙っぽいので、コーラルピンクっぽい感じになりました。これはこれで可愛かったんですよね~。


 色落ちもキレイなのがPunky Colorフラミンゴピンクの魅力ですね。

 個人的には色落ちしてきた頃の色が、薄ピンクのようになって好きでした!

しっかりと染めてから1週間ちょっとの色落ち

毛先の色落ちが殆どなし!

 しっかり染めてから1週間と数日経った色落ち状況です。

 根元に近い方は少し色落ちを感じますが、毛先はまだまだピンクを感じられる現役感。

 しっかりと色を入れた分長持ちするようですね!


 何もしない状態だと色の抜けが気になるところですが、コテで巻くと色落ちも動きの一部になってお洒落に見えます♬

ブリーチ2回してからしっかりと色を入れた結果

ブリーチ2回からのしっかりとPunkyColorを使った結果

 ついこの間、バレイヤージュデザインで2回目のブリーチを行ってきました。

 やはりピンク色は1週間も持たず抜けてしまったので、PunkyColorで色を入れてみた結果がこの発色です。

 写真の通り、濃いピンクでキレイに発色してくれました。


 今回、ブリーチの範囲を広げたのでPunkyColorで綺麗に色を入れるのに一回失敗して、濃い発色がゆえムラがかなり気になる仕上がりに。

 そのため、一回染めた次の日の朝に再度色を入れ直すことに。

 2回目は風呂場で染めるのを辞め、乾いた髪にブロッキングしながら丁寧に仕上げました。

 ブリーチ範囲が広いと乾いた髪でやらないとムラになるのは必至かも…!

Punky Colorを買うならiHerb一択!

 Punky Colorって実はAmazonとか楽天での取り扱いが非常に少ないんですよね。

 在庫があったとしても2,000円以上したりやたらと高かったりするんです。もしくは色の取り扱いが1色のみなど…。


 今のところカラートリートメントとしてはエンシェールズやマニックパニックが覇権を握っているから、Punky Colorは普及されていないんですよねぇ…。

 そのため、購入するならばiHerb(iHerb公式サイトのPunky Colorのページに飛びます)での購入が間違いなくお買い得です。

 というか、むしろ今のところiHerb以外での取り扱いが無いと言ってもいいくらいです。

 iHerbについての記事もあるので参考までにどうぞ☟


 早くPunky Colorが日本でも普及してほしいなぁ…!!
 

 最後までお読みいただきありがとうございました🌷

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました